統合医療学講座

学校教育法第105条に基づく履修証明プログラム

\秋季募集受付中/

01.

学ぶ

日本で唯一、医療系大学の大学院で履修証明を取得できる統合医療を本格的に学び、エキスパートとして活躍の場を広げます。

02.

つながる

統合医療学講座の各分野のエキスパートと繋がり、知識を高め人脈を広げるチームの一員となります。

03.

貢献する

統合医療のエキスパートとして新たな医療の発展に貢献することができます。

こんなことでお困りではありませんか?

補完代替医療・伝統医療の分野で働いている方

他の補完代替医療分野の知識や交流がない
患者さんを統合医療に理解の深い医師に紹介したいがコネクションがない
患者さんにとって最善のケアを提供したい
自分の仕事に付加価値をつけたい
経歴に付加価値をつけたい
自分自身のケアや癒しもできるようになりたい

介護の分野で働いている方

介護の現場で、補完代替医療を積極的に取り入れたい
終末期の患者さんの心のケアや癒しを与えてあげたい
腰痛、肩こりに悩む現場のスタッフに最適なケアを紹介したい

医師・看護師などメディカル分野で働いている方

従来の医療や保険診療に限界を感じ、問題解決型の医療を実践したい
Shared Decision Making(SDM)の医療概念を積極的に取り入れたい
患者さんにとって最善のケアを提供したい
自分の仕事に付加価値をつけたい
経歴に付加価値をつけたい
自分自身のケアや癒しもできるようになりたい

For those engaged in complementary and alternative medicine

補完代替医療・伝統医療に従事されている方へ

統合医療は、多くの専門分野の力を必要としています。

これまで、この統合医療学講座の受講資格は「医療系有資格者」に限られていました。
しかしながら、統合医療は医師を中心にした従来のありかたではなく、それぞれの分野のエキスパートたちが協力して患者さんに最善のケアを提供するものであるという本質を守るため、国家資格化されていない様々な補完代替医療や伝統医療分野で活躍されておられる方にも門戸を開くための「基礎講座」をご用意しました。

また、介護士、介護福祉士などの国家資格取得者にかぎらず、介護の現場で働いている介護ヘルパーさんなども、「基礎講座」を受講していただくことで「統合医療学講座」の受講資格になります。

「基礎講座」は、神奈川歯科大学大学院の履修証明プログラムである「統合医療学講座」を受講するために必要な基礎医学を中心に学んでいただくものです。医療系資格をお持ちでない補完代替医療関係・介護に従事されておられる方々も基礎講座を修了すると、統合医療学講座を受講することが可能になります。

For those with medical qualifications such as doctors and nurses

医師・看護師などメディカル分野の方へ

統合医療を学び、患者さんと寄り添う医療の本質へ

医療の現場では毎日多忙を極めてひとりひとり丁寧に患者さんに向き合えないことに歯がゆさを感じていたり、患者さんが求める生き方や最期の迎え方にそえずに疑問を感じている医師、看護師の方は多いのではないでしょうか。

特に不定愁訴で悩む患者さんには「異常なし」と伝えるものの、ご本人は辛くて苦しんでいるというケースも多々あるでしょう。そんなとき、様々な補完代替医療の知識を持っていれば患者さんに最適なアプローチができるでしょう。あるいは統合医療学講座を修了した他の補完代替医療従事者に紹介することも可能になります。

これまで、補完代替医療を紹介できなかったのはひとえに、安全性と信頼性の担保がなかったからではないでしょうか。統合医療学講座で学ぶとご自身が補完代替医療の効果を知ることができると同時に、不定愁訴の患者さんにも適切なアドバイスができるようになります。

特に地域に根差した開業医であれば、これまでの医療とは違うアプローチで独自のサービスを提供できるようになるのではないでしょうか。

5 benefits of learning a program for integrative medicine

統合医療学講座の5つのメリット

医療系大学・大学院の履修証明書が取得できる

1. 医療系大学・大学院の履修証明書が取得できる

統合医療学講座は履修証明プログラムに準拠した講座であり、修了時に神奈川歯科大学から履修証明書を取得できる「統合医療学」に関する日本で唯一のプログラムです。

国家資格化されていない分野の補完代替医療や介護関係の従事者であれば、基礎講座を事前に修了すれば統合医療学講座を受講し履修証明書を取得することができます。

2. オンラインでも受講可能

統合医療学講座は、オンラインによるライブ講義と、動画で学ぶオンデマンド講義ですので、ご自宅で受講が可能です。

オンデマンド講義は、受講生の都合の良い時間やペースで学んでいただけますので、海外にお住まいで時差のある方、遠方にお住まいの方、お仕事があって決まった時間に履修できない方も受講することが可能です。

オンライン受講可
トップの講師陣

3. 講師陣はすべて各分野のエキスパート

統合医療学講座では、約30種類以上の分野を学びます。

講座はすべて、各分野における日本の第一人者として、信頼高い組織や教育機関で活躍している講師が担当しますので質の高い講義を受けることができます。

4. 患者さんに最善のアドバイスができるようになる

様々な分野の補完代替医療を学ぶことによって、患者さんにとって最善の選択を提案、紹介することができるようになります。

患者さんの年齢や性別、性格、生活環境さらには価値観を大切にし、あらゆる療法から患者さんひとりひとりにあったものを見つけ、提案することができるようになります。

患者さんへの付加価値
連携

5. 統合医療を構成する様々な分野の専門家と繋がれる

修了後は、希望者は統合医療学講座で教えている講師陣や修了生によってつくられる連携チームに所属することができます。

他分野の専門家に相談したり、必要な患者さんを相互紹介することができます。

幅広い知識を身につけることによって、患者さんにとって付加価値のある療法や安心感を提供することができます。

More than 30 fascinating therapies

魅力的な30種を超える療法

補完代替医療、メディカルで活躍する第一人者を講師に迎え、質の高い魅力的な科目を学べます。

アーユルベーダ
温熱療法
カイロプラクティック
パッチフラワーエッセンス
メディカルハーブ
サプリメント
催眠療法
瞑想

受講生の声

補完代替医療、メディカルで活躍する第一人者を講師に迎え、質の高い魅力的な科目を学べます。

Specially Appointed Professor, Department of Integrative Medicine

統合医療学講座 特任教授

川嶋朗

川嶋 朗

AKIRA KAWASHIMA

神奈川歯科大学特任教授
北海道大学医学部医学科卒業。東京女子医科大学大学院医学研究科修了。医師。医学博士。ハーバード大学医学部マサチューセッツ総合病院、東京女子医科大学などを経て現職。

自然治癒力を重視し、近代西洋医学と補完代替医療を統合した医療を日本の医療系の大学で実践中。冷え研究の第一人者で、また「よりよく生きる」「悔いのない、満足のいく人生を送る」ための心得として、「自分の理想的な死とは何か」を考えるQOD(クオリティ・オブ・デス=死の質)の提唱者。

蒲原聖可

蒲原 聖可

SEIKA KAMOHARA

神奈川歯科大学特任教授
徳島大学医学部卒業、同大学院修了。医師。医学博士。
米国ロックフェラー大学、東京医科大学、健康科学大学を経て、現職。

DHC特別研究顧問として、サプリメント・機能性食品成分の適正使用の啓発や、官民連携による健康寿命延伸のための課題解決型保健事業の推進など、サプリメントの利活用を介して社会課題解決に向けた取り組みを行った。現在、アカデミアと臨床の現場で、健康長寿社会の実現のための社会実装研究を進めている。

Our Impact

健康寿命をのばすことが、日本の課題。

日本は長寿国として知られていますが、老々介護や家族の負担が大きく、「幸せじゃないのに長生き」する可能性が高いのが現実。
人生100年と言われる今、日本人の平均健康寿命は70代。病気になってから治療を受けるのではなく、医療と補完代替医療によるホリスティックなサービスが求められています。

ご希望の方は募集要項をダウンロード

第3期は2024年4月にスタートします。ご興味のある方は、まずは資料をダウンロードしてください。

About Us

統合医療にかける私たちの思い

人生をよりよく生きる。
自分の価値観を大切にする。
多様性を認め合う。

医療だけではカバーできない、精神性や哲学を含むホリスティックな専門性を身につけます。

yoga
アーユルヴェーダ
ヒプノセラピー
カイロプラクティック
チーム

Get Involved

修了後の
あなたの未来

統合医療学講座を修了して得られるのは、履修証明書だけではありません。

この講座の大きな魅力の一つは、終了後もさらにハイレベルな教育をうける機会や様々な補完代替医療分野とのネットワークがひろがること。
現場で生まれる疑問、他分野への患者さん紹介など、高い教育を受けた安全性の担保のある医療・ヘルスケアの専門家と繋がりながら、相談や紹介を相互にしあう環境を持つことができます。

特に補完代替医療従事者にとって、統合医療を理解している医師・医療関係者への橋渡しは難関です。

この講座を受けることで、補完代替医療従事者は医師との繋がりを持つことができ、医師や看護師などメディカルの医療従事者は、希望する患者さんにチーム内の補完代替医療従事者に紹介することができるようになります。

そうすることで、ただの知識習得にとどまらず、現場で統合医療を実践する真のスペシャリストとして活躍できるようになります。

Frequently Questions and Anaswers

よくある質問

資料請求

詳しい資料をお送りいたします。ご希望の方は下記ボタンをクリックして詳細ページへお進みください。
また、お申込みいただくと、統合医療学講座のニュースレター「TOGO通信」をお送りいたします。
説明会やイベント情報、特典など優先的にお送りしています。

(購読はいつでも解除できます。)

募集要項受付中!

上部へスクロール